自計化支援


ホーム » サービス・料金体系 » 自計化支援

青色申告のメリット(例えば、個人事業主の場合、最高65万円を所得から控除できます。)を享受するためには、複式簿記により記帳し、その記帳に基づいて作成した貸借対照表及び損益計算書を確定申告書に添付する必要があります。

会計・税務の知識がない、時間がないなどの理由から会計事務所に依頼(いわゆる記帳代行)されている方もたくさんいらっしゃると思います。記帳代行に対し、自ら記帳できるようになることを自計化といいます。
利用の仕方によっては便利な記帳代行ですが、経営を考えるうえでは痛いデメリットもあります。そのデメリットの裏返しが自計化のメリットとなります。

事業を成長させ安定させるためには、適時な業績把握と余裕を持った資金繰り計画が重要となるため、森清会計事務所では自計化をお勧めしています。

    【自計化と記帳代行の比較】
自計化記帳代行
適時な
業績把握

毎日記帳することにより、リアルタイムに業績を把握することが可能。
×
月に1度、あるいは数か月に1度のまとめての記帳となるため、タイムリーに業績を把握することができない。
資金繰り計画
毎日記帳することにより、毎週・毎月の資金繰りを計画することができ安心につながる。
×
月に1度、あるいは数か月に1度のまとめての記帳となるため、余裕をもって資金繰りを計画することができない。
記帳の
正確性

取引内容を理解しているので、正確な記帳が可能。

外部の人間が請求書等の記載事項から取引内容を類推して記帳するため、正確性に欠く場合がある。
業務量・コスト
記帳の作業が発生するため、既存人員の時間がとられたり、新たに人を雇わなければならない場合がある。
ただし、外部に支払っている記帳代行料はなくなる。

記帳の作業が外部委託できるため、浮いた時間を本来の業務に使える。ただし、記帳代行料が発生する。

森清会計事務所では、自計化に向けて懇切丁寧にご支援いたします。
会計・税務はプロであっても難しいものです。分からないことは何でもお聞きください。
経営者がすべてできる必要はありませんのでご安心ください。

自計化支援の目安は、期間は3~6か月、料金は20,000円/月(税別)~となります(税務顧問をご契約いただける場合)。

また、効率的に自計化を進めるためには、会計ソフトの導入が必須とも言えます。
森清会計事務所はTKC全国会の会員事務所ですので、記帳や業績管理に便利なTKCの会計ソフトをご利用いただくことができます(セットアップ料金、月額利用料が別途必要)。
業績管理、巡回監査など当事務所をフル活用していただくためにTKCの会計ソフトのご利用をお勧めしております。

 

TKCのクラウド会計ソフト「FXシリーズ」のご案内

インターネット環境があればTKCのクラウド会計ソフト「FXシリーズ」が利用できます。
会計データの入力もしやすく、銀行・信販やタブレットPOSレジ(対応レジ:ユビレジ、Airレジ、スマレジ)とのデータ連携により、入力を効率化できます。
また、電子帳簿保存法にも対応しており、各種帳簿を紙面で保管する必要がなく、帳簿のファイリング作業や保管場所の確保も不要となります。
さらに、証憑ストレージサービス(紙やPDF等のデータで入手した請求書等を電子データで保存するサービス)を利用することにより、証憑の整理作業が効率化できるとともに、仕訳データとの関連付けも容易となります。

詳細はTKCホームページをご参照ください。